自宅でマッサージ

最近は家で行うマッサージが流行っているそうです。しかも自分自身で。

我が家でするマッサージはエステほど専門的なものではありませんが、イスに腰かけて、リンパの流れに合わせて足を揉みほぐすことができます。

本物のエステのマッサージだと専門的に学んだ経験のあるエスティシャンがいるのでしっかりマッサージをすることができます。

自分でマッサージをする時は力を込めた方がいいですが、難しいなら握りしめた手で足を指圧していきます。マッサージオイルやクリームを利用したり、バスタイムのマッサージも有効です。引き締まったスリムな足になりたいという人は、ダイエットや細見に見えるために役立つマッサージが向いています。

特に足ダイエットをしたいと思っている人には足を中心としたリンパマッサージがおすすめの方法となります。

リンパ液を通して老廃物は排出されるので下半身のデトックスに効果があると言われます。

身体を流れるリンパの流れを活発にするマッサージや、同様に代謝を促進する半身浴を行うことで、下半身の新陳代謝がよくなり、ダイエットがより効率的になるので下半身が気になっている人はまず足のリンパマッサージから是非はじめてみましょう。

カラムーチョって美味しい。

最近ハマっているスナック菓子があります。それは「カラムーチョ」というものです。食べ始めは、旨辛なんですが時間が経つにつれてヤベーくらいに口が辛くなってきます。

このカラムーチョはポテトチップス製造で有名な「湖池屋」が製造販売するポテトチップスの一種で、チリの味をベースにした辛みの強いスナック菓子である。ポテトチップスのようなジャガイモの薄切り輪切りではなく、フライドポテト形状の細長です。

かつては、ふつうの薄切りタイプのカラムーチョも存在(1986年ごろ)していたのですが、現在の形状のものがやっぱり辛旨なんですよね。

辛味の基本は、とうがらしのホットチリ味ですが、期間限定品では以下のものもありました。

・八幡屋礒五郎唐からし味
・からしマヨ味
・ゆずコショウ味
・わさびマヨ味
・明太子ホットチリ味
・らー油MIX味

などなど

辛くてうまいが当たり前で、汗もかく分身体にいいような気がします。そして寒い日に食べるとまさにホットになるため寒さ対策にも一役を買います。

類似品というか、兄弟というか、すっぱムーチョという商品がありますけど、私はそっちは苦手なんですよね。

いま思いついたのですが、この商品を一つの袋に入れてシャッフルしたらどんな味になるんでしょう。興味があります。早速やってみることにします。

健康にいい牡蠣

牡蠣と言えば秋の旬ってイメージがあるとおもいます。
たしかに、広島の牡蠣は秋が獲れるイメージが強く、とても秋のシーズンに飲食店で売り出されますね。

但し、私が生まれ育った北海道の道東地方では、5月、6月が旬となっており、とてもその時期に食べられます。
広島地方では、5月~6月は産卵期と言われていて生食として食されない時期です。

牡蠣は、海のミルクと呼ばれています。それは、牡蠣にはグリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含むタンパク質やカルシウム、亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれるためです。とても栄養満点です。

但し、生食は危険のリスクがいっぱいあります。

たとえば、O-157ような食中毒の症状になることがあるからです。細菌やウィルスのようなものもよく含まれているので注意が必要となってきます。加熱すれば、ほとんどの細菌は死にますが、完全とは言えないので気をつけましょう。

思い返せば、学生の頃、フランス旅行に行って、店頭の生ガキを食べて、旅行が中止になったケースもありました。私の友人ですけど。やっぱりそう考えると危険ですよね。

ただ、栄養はたっぷりなので積極的に摂りいれたい食材の1つです。

水分の摂取について考える

水分を摂るということはとても大事です。身体を労わる上でも、健康を維持するうえでも。

ただ、ダイエットをするときに最終的にネックになるのは、水分の摂取なんですよね。水分はダイレクトに体重増加につながるため、ダイエットのためにめいいっぱい汗をかいても、水分摂取により、逆に体重増加につながることもあります。

しかも、まだノンカロリーのブラックコーヒーやお茶やミネラルウォーターならまだしも、糖分の含んだ飲料は後々に、体内で脂肪に変換してしますので注意が必要となります。

そこで、近い未来にこんなものが出来ないかと思います。それは、水分を摂らずにのどを潤わす方法です。のど飴の発想に近いかもしれません。

水分を大量に摂取せずに、のどの渇きが収まるなら、結構すごいダイエット方法になると思います。私も、運動を併用したダイエット方法をとりえているため、ついつい水分を摂りすぎてしまうんですよね。

それか、汗をかいた後、全身を一瞬で冷やすコールドスプレーとかあればいいですかね。運動終了後、暑くて汗をかくその後、水分を摂りたくなるというのが普通だと思いますが、一瞬で身体が冷えればそれが治まるかもしれませんよね。

そんな商品が開発されてもある程度、水分を摂らないと身体がおかしくなるでしょうから、なかなか開発されないでしょうね。

おいしいものを食べると太ります。

おいしいものを食べることは、もっともストレス解消になりますよね!だから、わたしもおいしいものが大好きです。

グルメ気取りは好きじゃない(世の中にはグルメ気取り多いですよね)ので、あまり、美味しい店自慢はしたくないですが、聞かれるとついつい熱が入って説明したくなる時があります。そんなことありませんか?

おいしいものは、基本カロリーが高い。そして、それが炭水化物であることが多い。ラーメン、パスタ、お好み焼き、たこ焼き・・・みーんな炭水化物。ステーキ肉とか伊勢海老のお造りとかは、たんぱく質主体なので、ダイエットにはいいのですが、炭水化物はヤバイですよね。

とくに、ラーメンはお酒飲んだ後の締めラーメン・・・最高ですよね。しかも、博多ラーメンのようなバリかたごく細麺ってお酒飲んだとは、世界一旨い食べ物に生まれ変わりますよね。そして替え玉サイコ-っす。

そうして、夜中にたべた炭水化物は脂肪となり、太る原因となってしまいます。

「お酒飲んだら乗るな」という交通標語がありましたが、今の時点では、「お酒飲んだら摂るな」が健康上もっとも正しい標語だと思います。

ですので、今日からお酒飲んだ後は、ラーメンは食べません。